ブログ集客、書き方、主婦の在宅ワーク、ライター情報

講演・執筆依頼はこちら

正論を振りかざす人に振り回されてはダメ!自分の感覚を信じよう!

 
WRITER
 
正論を振りかざす
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログの書き方・ブログ運営・ライティングに関する情報を更新しています。 お腹が減ると、ちょっと不機嫌になります!えへ!

最近こんな記事を読みました。

Facebookの無言友達申請に怒る人はアホ!他人に『気難しい』と思われて何を得る?

 

わたしも以前から、Facebookの無言友達申請に怒ってる人や、「友達申請にはコメントを!」的なことを書いてる人を見て「何でそこまで頑なに拒否るんだろう?」と思っていました。

 

ただ、わたしのダメなところは、そこで深く考えずに

 

「そっかぁ~みんなそんな考えなのだな。無言の友達申請でも特に何も感じない、私の感覚が間違っているんだろう

 

と、納得しているわけではないのに、周りがそうなら、それが正しいのだろう。 と納得してしまうところ。

 

そこで今回は、他人にとっての当たり前は、自分にとって当たり前ではないし、自分にとっての当たり前は、相手にとって当たり前ではないという、一文に『当たり前』という言葉が現時点で5回も出てきている!という事について考えを書いてみようと思います(長っ!)

 

相手にとっての当たり前は、必ずしも正論ではなく感情に左右される

 

Facebookの無言友達申請に怒る人はアホ!他人に『気難しい』と思われて何を得る?

 

この記事を読んだとき、

「わたしと同じような考えの人もいるんだなー」と安心しました^^

 

ちなみにフェイスブックの友達申請の件で言えば、わたしの考えはこの一択です。

 

え?どっちでも良くない?

何で騒いでんの?

そんなに毎日毎日友達申請くんの?

わたし

この案件については、正論なんてないと思うんですよね。Facebookを使ってる本人の感情、気持ち次第だと思います。

 

本人が嫌だ。迷惑だ!と思うのであれば、無言申請は承認しなければ良いだけの話。

 

それを「友達申請の時にメッセージを付けない人は非常識!」と正論のように言い切ってしまうと、そうでない人たちが本当に「ただの非常識」な人のように思えてしまいます。

 

自分にとっての当たり前は、相手にとって当たり前ではない

色々な感情

 

私の母は、何でもズバズバと自分の思っていることを言っちゃう性格です。

 

だからかな?母は『思っていることをハッキリ言わない人は気持ち悪い。ズルい。偽善者っぽい』

 

そして『ハキハキ自分の言いたいことを言う人は、大好きだし見ていて気持ちがいい!』と言っています。

 

それは母の当たり前であって、私にとっては不思議なことでしかありません。

 

 

何でも思ったことを言える性格は、確かに時として良いこともあると思います。傍目から見ても小気味よくて軽快に思えてしまうのかもしれない。

 

しかし、それが正論ではないんですよね。

 

物事には両局面ありますから、母のような性格が好きな人もいれば、合わない人もいます。

 

わたしの母のように、自分の意思が強くズバズバ言い切っちゃう人は、それを正論のように言いがちな気がします。

 

すると「この人は正論を述べている。わたしの考えはおかしいのかな?」という錯覚に陥ってしまう時があります

 

だけど、人それぞれ考えがあって、正論なんてないのだから、惑わされる必要なんてないんじゃないかな?(惑わされてばっかりの私に言いたい)

 

正論を振りかざす前に、それは自分の感情なのではないかと疑うのも大事

 

私はどちらかというと、ふわっと生きているタイプの人間なので

 

「○○はこうあるべきだ!」

「○○は絶対おかしい!」

 

みたいに感じることって、比較的少ないです。

 

だから正論を振りかざす人のことは理解しがたいなと感じる時があります。けどそれも、あくまで、わたしから見た視点なので正しくはないんですよね。

 

自分の意見を誰かに主張するとき

  • ただの感情ではないのかな?
  • 自分の尺度で、物事を見ることしか出来ていないのではないか?
  • 自分の考えだけが正論ではないよね・・・
  • それって、今、その場で言うべきことなの?

 

と、周りの意見に耳を傾けてみるのも、大事なのかも知れないなぁと、自分も気をつけなきゃ…と感じました。

 

正論らしき事を言われても、自分の感情を優先しよう

感情を優先させる

正論を言いたがる人は、世の中に沢山います。

 

そんな人たちに惑わされてしまう人もいるかと思います。私も結構惑わされる側の一人なんですけど(笑)夫がうまく軌道修正してくれるお陰で、惑わされっぱなしは減ってきたように思います。

 

正論をいう人が間違っているわけではなく…

 

もしも正論らしき言葉で「○○するべき」「○○する人はおかしい」と言うような人がいても、自分の感情を大切にしたほうが良いと思う。

 

振り回されちゃいけないなぁ〜(主に振り回されてるのは私だけど)

 

相手を下げて自分を上げたいだけなのでは?

 

正論を言う人を観察してみると、相手をまず「○○はどうなんだ?」と下げたうえで、「だけど、わたしは○○なんですよ」と、言う人が多いように思います。

 

政治家や口の上手い人たちを見ていると、正論を言うのが得意なので、いい感じに相手を下げて自分をアピールしていますよね。

 

惑わされそうになったら、

 

これは本当に正論だろうか?自分の考えは?

 

と、お互いに相手の意見を否定するのではなく、「自分の考えはどうなんだ?」と考えるのが大切なのかも。

 

正論らしきことの反対を考えてみよう

 

『自分の考えをもっと言うべきよ!』という正論は、裏を返せば

 

『自分の考えばかり主張しないで、もっと周りの声に耳を傾けたほうが良い』だし

 

 

『誰にでもいい顔するのは、やめたほうが良いよ!』という正論だって

 

『周りの空気を読んで、人に合わすのも大事だよ』という見方だってあります。

 

何でもズバズバ言う母の隣に、物静かで自分の意見はあまり言わない父。

 

何となくお父さんって損してるなーって思うけれど、自分の考えを押し通さずに、相手の声に耳をキチンと傾ける父を、わたしは尊敬しています。

 

人それぞれ、色々な考えはあって当然です。

 

それを自分の尺度で、視野だけで相手に主張すると、正論を振りかざしてると思われてしまうのではないか?と感じました。

 

まとめ:自分の感情に素直になろう

 

何となく、正論ぽいことを言われると「自分の考えって間違っているのかな?」と、自分自身を疑ってしまいそうになります。

 

ですが相手にとっての当たり前は、自分にとっての当たり前ではないし。

 

相手が正論だと主張していることだって、自分にとっては「どうなの?」と思うことかも知れません。

 

正論はあくまでも、相手にとっての正論。 そう思えるようになると、冷静に自分の感情のまま行動できるような気がします。

 

生きていると、色々な意見はあって当然。だけど、「自分はどうなのか?」を大切にしないと、グルングルン振り回されて疲れてしまいますよ!

そして私は、Facebookの友達申請コメントなくても全然気にしないので、気軽に申請してください

 

おっしまーい^^

 

▼次はこちらの記事がおススメ▼

ブログ初心者さん向け、無料ライティングExcelシート。

効果の上がるLPが、自分で書けるようになる!メルマガ配信

2つセットでプレゼント中です

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログの書き方・ブログ運営・ライティングに関する情報を更新しています。 お腹が減ると、ちょっと不機嫌になります!えへ!

シュフー知恵袋Wordpressテーマはsealです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シュフーブログの知恵袋 , 2018 All Rights Reserved.