ブログ集客、書き方、主婦の在宅ワーク、ライター情報

講演・執筆依頼はこちら

【徹底解説】ライターの仕事ってどんな種類やジャンル があるの?主婦や初心者必見です!

 
  2018/08/19
WRITER
 
ライターの仕事種類について
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログの書き方・ブログ運営・ライティングに関する情報を更新しています。 お腹が減ると、ちょっと不機嫌になります!えへ!

初心者でも在宅でもできる仕事といえば、ライターという仕事がまず思い浮かぶのではないでし
ょうか?

 

でも、ライターって一体どんな仕事なの?どんな種類があるの?あと、頭がちょっと重いよ

まさこ

 

改めてきかれると、わかっているようでわからないという人も多いかもしれません。インターネットが普及しウェブという媒体が登場したことによって、未経験の主婦でもライターになれる時代です。結果

「〇〇ライター」という肩書きも多様化して、混乱してしまうことも!

そこで今回は、これからライターの仕事をしようと考えている未経験者に向けて、ライターという仕事の種類やジャンルについて詳しくまとめてみました。

 

そもそも、ライターとはどんな仕事なの?在宅でOK?

ライターとは、簡単にいうと「文章を書いて収入を得る」人のこと。

 

もう少し詳しくいえば、取材や資料などで情報収集したり、自分の専門知識を活かしてクライアントが伝えたいことを、クライアントの代わりに文章にすることで報酬を得ている人のことです。

 

未経験の主婦の仕事は、クラウドソーシングがオススメ!

ライターの活躍の場は増え、未経験でも、主婦でもライターを目指すことが可能となりました。

 

とはいえ、ライター未経験の主婦が在宅でできるライターの仕事をするとなると、ある程度、仕事の種類は限られてきてしまいます。

 

  • 日々事件を追いかける新聞記者
  • 独自の取材で社会問題を深く掘り下げるルポライターの仕事
  • テレビや映画の脚本を書くのは、シナリオライターの仕事

 

これらもライターの仕事ではありますが、初心者や主婦が在宅でできる仕事とは言い難いので、今回は外します。

 

未経験の主婦が在宅でライターの仕事を始める方法として、もっともお手軽なのは、次に紹介するクラウドソーシングサイトを使うことです。

 

ライターの仕事を仲介してくれる、クラウドソーシングサイトとは

 

クラウドソーシングサイトとは、仕事を発注したい企業や個人と、仕事をうけおいたい個人を仲介してくれるサイトのことでござる

殿

有名なものに、「ランサーズ」や「クラウドワークス」「シュフティ」などがあります。

 

事務所での打ち合わせを必要とするものもありますが、基本的にはネット上のやりとりで完結する仕事がほとんど。クラウドソーシングではさまざまなライティング案件についての募集がかけてられていますよ。

 

なかには、「初心者OK!」「主婦の方、歓迎!」とうたっている案件もありますよ。

 

【ライターの仕事】種類やジャンル別:文章を書く仕事に求められるものとは?

 

クラウドソーソングサイトから仕事をもらうには、募集がかけられている案件に応募するところから始まります。

 

しかし未経験者にとっては、どんな仕事に応募すればいいのか迷うことも多いでしょう。ここでは、クラウドソーシングで募集される、初心者や主婦でもトライしやすいライターの仕事について、説明していきます。

 

  • 副業としてのおすすめ度(手軽さ)
  • 主婦へのおすすめ度(時間の融通)
  • 初心者へのおすすめ度

について★3つを満点として、★の数で評価してみました。

コピーライター

コピーライター

広告文を書く人でござる

殿

モノやコトを売るのが最終目標ですが、直接購入を促すというよりは、ブランディング、イメージアップを狙うものであることがほとんどです。

 

短い文章で読む人のハートをキャッチすること、印象に残ることが大事。文章力よりも発想力、言葉選びのセンス、社会の動きに対する敏感さが求められます。

 

副業としてのおすすめ度(手軽さ)
主婦へのおすすめ度(時間の融通)
初心者へのおすすめ度  ★

 

広告代理店などに勤めてコピーライターの経験を積んでから独立する人が多いようです。

 

クラウドソーシングサイトでは、コンペ形式(複数の人が提案し、その中の一つをクライアントが選ぶ形式)の案件も多いですよ!

 

腕試しのつもりで、初心者でも提案できるお店や商品のネーミング案件に、応募してみるのもありかもしれません。

 

セールスライター

セールスライター

モノやコトを売るための、セールス文を書く人のことでござる

殿

 

具体的には、ダイレクトメールや、ブログや企業のホームページにおけるランディングページ(略してLP)、会員向けのメルマガなどの文章を書く仕事がメインになります。

 

読者の行動を促す文章を書くには、それなりのコツやポイントがあります。

 

文章力よりもマーケティング戦略や顧客心理を理解して文章を書けるかどうかが重要ですよ

副業としてのおすすめ度(手軽さ) ★★
主婦へのおすすめ度(時間の融通) ★★
初心者へのおすすめ度  ★

セールス文を書くポイントやコツをつかむためには、何より経験を積むことが大切。

 

最初は難しく感じるかもしれませんが、一度書き方を覚えれば、いろんな業種の企業や商品のセールス文を書くことができるようになります。

 

普通のブログ記事やコンテンツ記事よりも単価が高い仕事が多いのも魅力です。

WEB(ブログ )ライター

WEBライター

主に、アフィリエイトブログの記事や、企業のウェブサイトのコンテンツ記事を書く仕事でござる

殿

クラウドソーシングサイトで、もっとも多く募集があるのはコンテンツ記事でしょう。

 

直接的な販売を促す記事ではなく、検索からサイトへ訪問してもらうための、読者に役立つ情報提供が求められます。

 

最低限の文章力は必要ですが、それ以上に大切なのがSEO対策を意識した記事が書けること。

 

SEO対策とは、グーグルなどの検索サイトで上位に入ることを意識したライティング技術のことだよ

まさお

副業としてのおすすめ度(手軽さ) ★★★
主婦へのおすすめ度(時間の融通) ★★★
初心者へのおすすめ度  ★★★

 

初心者向けが案件が多いのはこの手のライターです。

 

ステップアップを目指すなら、仕事をこなしつつ、自分の得意分野、専門分野を確立していきましょう。(グルメライター、スポーツライター、トラベルライター、金融ライターなど)

 

  前職や現在の仕事が、【教育関係、医療関係、保険関係】などの場合、それらの専門知識を生かして副業ライターとして活躍している人もいますよ。

WEBライターについての記事、こちらも合わせてお読みください^^

 

webライティング技能検定の評判。受講料払うくらいならルンバ買うわ

取材ライター

取材ライター

実際に現地に出向いてお店やスポットを取材して紹介記事を書いたり、実際に自分で体験したレポートを書いたり、インタビュー記事を書くのが仕事でござる

殿

文章力も必要ですが、それ以上に求められるのはコミュニケーション力。取材からどれだけ、読者に役に立つ情報を引き出せるかが勝負どころ。

 

人と話をするのが好きな人、人の話を聞くのが好きな人向きの仕事です。

副業としてのおすすめ度(手軽さ)
主婦へのおすすめ度(時間の融通) ★★
初心者へのおすすめ度  ★

 

取材は、現地に赴く必要があるため、完全に在宅の仕事とはいえません。

 

取材先の都合が優先になりますので、多少の外出が可能で、ある程度時間の融通がきくことが必要です。取材記事が書けるようになれば、仕事の幅は広がり、単価もアップします。

 

カメラマンを取材に同行させることも多いですが、予算の問題もあり、ライターがカメランをかねることもよくあります。

 

インタビュー記事の書き方については、こちらにも詳しく書いています

 

インタビュー記事の書き方|分かりやすい実践付き

コラムライター

コラムライター

コラムライターとは、ニュースや社会現象などについて批評したり、自分の意見を論じる記事を書く人のことでござる

殿

最近では、コラムの意味はもっと幅広く、人生体験や、紀行文などもコラムとして扱われる ことも。

 

コラム記事が他の記事とは違うところは、客観的な根拠や視点とともに、筆者の意見が求められるところ。徹底したリサーチとともに、独自の視点や切り口が必要になってきます。

 

単なるまとめ記事とは違い、ある程度のライティングの経験必要になってきますが、その分やりがいを感じられる仕事ともいえますよね。

副業としてのおすすめ度(手軽さ) ★★
主婦へのおすすめ度(時間の融通) ★★
初心者へのおすすめ度  ★

 

ライターの経験はなくても、自分でブログ記事を書いている人なら、コラム記事がかける人は案外多いのでは?

 

サイトによっては、署名入りで記事が掲載されることもありますので、自身の実績にもなりますよ。

 

テクニカルライター

テクニカルライター

テクニカルライターとは、専門的技術について、一般の人にもわかりやすく伝えるための文章を書く人のことでござる

殿

テクニカルライターの仕事のなかでも多いのは、電子機器などの取り扱い説明書を書く、マニュアルライティングの仕事です。

 

その分野における専門知識が必要なことはもちろん、それを一般の人にもわかる言葉で説明することが求められます。

副業としてのおすすめ度(手軽さ)
主婦へのおすすめ度(時間の融通)
初心者へのおすすめ度  ★

 

もともとの専門知識があれば、それを生かせます。

 

長文になることも多いので隙間時間でやるというよりは、ある程度まとまった時間、集中して作業できる環境が必要でしょう。

文章を書く仕事、ライターに向いている人とは?

 

ライターといっても、いろいろな種類があるんだね!

エリザベス

 

ライターの仕事のなかには、未経験の主婦でも書けるものがあります。自分の趣味や主婦という立場が生かせる案件もあります。
経験を重ねることで特定の分野に詳しい専門ライターになることだって可能です。

 

では、どんなライターにも共通して言える、ライターに向いている人とはどんな人でしょうか?

 

1:文章を読んだり書いたりするのが好きな人

 

上手な文章を書く自信がないんだけど。もう死んだ方がいいのかな

まさこ

大丈夫!文章が特別上手である必要はありませんよ。

 

ただ、文章を書いたり読んだりするのが好きな人の方が続きやすいとは思います。文章を書くのが仕事ですし、書くためにいろいろな文献やサイトを読むことも必要となります。

 

文章の読み書きが嫌いではないことは、必要最低条件と言えるでしょう。

 

2 :在宅で、一人で作業するのが苦痛でない人

 

ライターって、なんだか知的でクリエイティブな感じがするね!こんな頭だけど、クリエイティブな仕事に携われるなら最高だね

まさこ

実際はクリエイティブというより、地道で根気のいる作業が半分以上を占めています。

 

書くという仕事は孤独な作業でもあり、打ち合わせや取材を除くと、ライターの日々は一人でコンピュータに向かう時間がほとんど。

一人でコツコツ地道に作業するのが苦痛というような人には向かないかも?

 

3 :クライアントサイトの『トンマナ』に合わせて書ける人

 

ライターだし、いっちょクリエイティブな自己表現でもしてみようか!

まさこ

 

ばか!まさこのバカ!頭でっかち!

ライターの仕事はクライアントが伝えたいことを、狙ったターゲット層がわかりやすい言葉で書く仕事です。

 

いわゆる名文やオリジナルティ溢れる個性的な文章はここで必要ありません。

 

それよりも、クライアントの運営する媒体の雰囲気やトーンやマナー(トンマナ)に合わせて文章を書くことが求められます。

 

トンマナって何?トンマナっていうのは、トーン&マナーの略で、サイトの雰囲気に文章やデザインを合わせるってことだよ!

ライターが在宅で仕事:メリットデメリット

ライター仕事のメリットデメリット

ここでは、在宅で主婦がライターの仕事をする場合のメリットとデメリットをあげてみます。

 

在宅ライターのメリット

  •  在宅でできる
  • 隙間時間にできる
  • 資本金がいらない
  •  初心者でも始められる
  •  やればやるだけ収入になる

子育てしながら家で仕事がしたい!

まさこ

今まで専業主婦だったけど、子供も少し大きくなったので自宅でできる仕事を探しているんだ・・・グフ

高倉さん

そんな未経験の主婦が、家事や子育ての隙間時間に始められるのが在宅ライターの魅力です。

 

在宅ライターのデメリット

  • ネット環境は必須
  •  初心者の場合単価が低い
  •  地味で手間がかかる作業が多い
  •  家で仕事すると、ついダラダラしてしまう
  •  継続案件が取れるようになるまでは収入が安定しにくい

誰でも始めることはできますが、大きな問題は継続して仕事を得られるか?単価アップができるか?というところです。

 

ライティングの仕事、取り方や単価は?主婦でも稼げるの?

 

では、最後に少しだけ、ライターの仕事の取り方とライターという仕事の収入 についてもふれておきたいと思います。

 

未経験主婦がライターの仕事を取るには

 

未経験者がライターの仕事を始める方法のひとつが、クラウドソーシングサイトを利用すること。

 

いろんなサイトがありますがまずは、ライターとして登録するところから始めましょう。登録することで、募集がかかっている仕事に応募することができるようになります。

 

単発の案件をこなすうちに、継続案件をお願いされることもあるでござる

殿

 

ライティングに自信がついたら、直接書いてみたいと思うサイト運営の会社にライターとして募集してみる方法 もあります。

 

クラウドソーソングサイトの場合、収入や相場は?

 

クラウドシーシングサイトの、初心者向けのライティング案件の相場は正直、あまり高いとはいえません。

 

 

1200字で300円、3000字で500円という案件もよくみられます。1文字あたりで換算すると、なんと、0.16〜0.25円。

3000字で1200円(1文字0.4円)であれば、まあまあ悪くはない方の案件になります。

 

 

文章を書くのにかかる時間は、ライターによって違いますし、書きやすい内容のものかどうか、得意分野の記事がどうかによって違います。

 

なので、一概に時給計算はできませんが、最初は時給500円どころか100円ということもあり得ます。

 

マジか!?ホジッ

そんなんバイトした方が早いんじゃ・・・ホジ!

まさお

そんな声も聞こえてきます。確かにそうなのですが、在宅で初心者の場合、最初から単価の高い仕事を得るのは、なかなか難しいのが現状。

 

もちろん、中には、1文字1円とか2円といった案件も募集されています。しかし、そういう案件は、専門的な知識が必要だったり、ある程度の経験が求められたりします。

 

ライターとは、知識よりも、慣れや経験が大事。

とにかく、最初はどんどん書くことが大事かも

 

まとめ:ライターの仕事は種類も夢もたくさん!文章を書くのが好きな人におすすめ!

頭の大きな自分にもできるかな?

まさこ

誰もが最初は初心者です。

 

本当に向いているのかどうか、仕事としてやっていけるかどうかなんて、始めてみないとわかりません。

 

やってみようかな。ヨロッ(頭が重くてよろめいた音)

まさこ

 

そんな風にちょっとでもライターの仕事に興味を持ったなら、ぜひ挑戦してみましょう!

シュフー知恵袋では、在宅で稼げるようになるライター育成講座も実施しています。

現在講座開催中のため申し込みはストップしていますが、2期生の募集をメルマガ先行で行います。

※下記サービスページからメルマガ登録できますので、気になる方はぜひ!

ライター育成講座

ブログ初心者さん向け、無料ライティングExcelシート。

効果の上がるLPが、自分で書けるようになる!メルマガ配信

2つセットでプレゼント中です

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログの書き方・ブログ運営・ライティングに関する情報を更新しています。 お腹が減ると、ちょっと不機嫌になります!えへ!

シュフー知恵袋Wordpressテーマはsealです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シュフーブログの知恵袋 , 2018 All Rights Reserved.