ブログ集客、書き方、主婦の在宅ワーク、ライター情報

講演・執筆依頼はこちら

むかし話:桃太郎に言いたいことがある

 
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログの書き方・ブログ運営・ライティングに関する情報を更新しています。 お腹が減ると、ちょっと不機嫌になります!えへ!

昔々あるところに おじいさんと おばあさんがいました。

おじいさんは山へ芝刈りに おばあさんは川へ洗濯へ

おばあさんが川で洗濯をしていると、川上の方からドンブラコドンブラコと桃が流れてきました・・・

 

が、従来の桃太郎なわけです。もう、今日は言わせてほしい。桃が流れてきたあたりから、もう本当にこっちは我慢の限界なわけですよ。

 

桃…桃ね、桃。
あれですよ、言いにくいんだけど、あえて言わせてもらう。その桃、壁の向こう側から流れ着いたやつじゃない?

 

ほら、捧げよ捧げよ心臓を捧げよとかなんとか言ってる、進撃のとこから流れてきたんじゃない?

 

だってね、そうじゃないと色々おかしい。腑に落ちない。どう考えても桃のスケールがおかしい。Twitterで拡散したらバズるやつ。翌日、めざましテレビで取り上げられるパターンのやつ。

 

だからなのかな?話題づくりなのかな?一瞬でも、巨人がーとか、調査兵団がやられたーとか、そういう類の危機感はなかったのかな?婆さんね、持ち帰りました。あのでかい桃を。危機管理能力とか、全くないでやんの。欲ぶかさだけで生きてるの。

 

爺さんも爺さん。
「その桃どこで拾ったの?持つの辛くなかった?」とか「婆さん、ヘルニア大丈夫?」とか、そんな心配どうでもよくて、大きな桃に対する不信感のなさがもうダメ。信じられない。

 

で、二人は桃を切るわけで、中から赤ん坊が出てくるわけで。それをこのジジババは「うちの子にしちゃお」と。やってること誘拐ですからね。かつての芦田愛菜の名言「もう一回誘拐して」とか飛び越えて、初犯です。「お母さん会いたいよ〜」も飛び越えて、相手は婆さんな訳です。

 

住民票は?出生届は?出生体重とかわかってんの?てか、母親と父親誰やねん。みたいなことはガン無視。そんなことより名前会議です。

 

名前何にするー? 太郎とか普通っぽいよねー。グローバル化だよねー!日中講和条約も視野にいれてーのやり取りから

 

桃から生まれた男の子は「バーミヤン」と名付けられました。

 

完全にすかいらーくグループな訳です。ガストとか、もう一族なんですよ。「全てはお客様の笑顔のために」をモットーに、「価値ある豊かさの創造」を経営理念に掲げ、バーミヤンはすくすくと、食を通じた社会貢献ができる大人へと成長していきました。

 

これは何やかんやで鬼退治に行けるっぽいな。という大人の身勝手な判断で、バーミヤン、まさかの鬼ヶ島へ派遣です。

成果報酬型の派遣なので、先払いはキビダンゴのみ。あとはほぼ丸腰。しかも徒歩通勤。目的は鬼退治だけど、メリットないわけです。危険しかない。

 

マリオだって、クッパを退治しに行くメリットとしてピーチ姫からキスとか、大興奮のイベントがあるのに。同じピーチでも、かたやバーミヤンに至ってはキビダンゴ持たされただけで、ドラクエのフィールドに片足つっこんでんの。街から出た瞬間、いつ現れてもおかしくない状況なの。

 

食料は、お腰につけたキビダンゴだけ。

 

なんならそれすら、キジとか猿とか犬にあげちゃうの。キビダンゴあげるから、鬼退治してねー!いいよー!

 

みたいな二つ返事。えー!ほんとに大丈夫?キビダンゴ一つで人生決めちゃっていいのー?鬼の強さ知ってる?スカウターで見たことある?みたくなるけど、もうバーミヤンの話術がすごいの。DJ社長並みに饒舌な話口調なわけ。

 

藍沢も言ってたよね。「病院に戻ってから嘆くのか、ここでその患者を救うのか、決めるのはお前だ」って。二者択一しか与えない話術。「これはもう、ドクターヘリに乗り込むっきゃないな。やるしかない!」みたいな気持ちになって、キビダンゴ一つでついて行っちゃう動物たち。バカなのかな?バカなのかな?

 

後にこれは歴史に残る、平匡さんとみくりさんが直面した問題「やりがい搾取」という社会的問題に直面するっぽいんだよね。

 

キビダンゴ一つで信頼関係なんて築けるわけないし、鬼が暴れてる中乗り込んでいくのは、丸腰のバーミヤン(必殺技は北京ダッーク)とキジと猿と犬。

 

安倍総理だって、この状況見たら「未曾有の状況だ」って言うし、「その上において、結果を出す!」とか言いかねない状況。

鬼が暴れまわってるなか、かたや桃です。ピーチが戦います。

 

あのボンバーマンだって、爆弾持ってる。マリオだって状況に応じてタヌキになったりお地蔵さんになったり、ペンギンにもなれる。なのに桃が持ってるものといえば、「日本一」の旗です。戦力外もいいところ。

 

鬼目線でいえば「日本一の生産量を誇る、桃なのかな。美味しいのかな?」くらいにしか思わないわけ。

 

ここで新たな疑問が生まれてきます。鬼の大きさ大丈夫?軽く進撃と同じくらいの大きさだと思うんだけど、立体機動装置とかないけど、本当に大丈夫?みたいな心配をしてしまうよね。

 

別にね、よそ様の子供、てか桃。しかもバーミヤンなんて名前の子供の心配なんてしなくていいんだろうけど、どう考えても進撃相手に、少年・キジ・犬・猿とか無謀すぎる。

 

身の程をわきまえなきゃ絶対ダメなやつなの。

 

犬はお尻に噛みつき、猿は背中を引っ掻き、キジは目をつつきましたとか、進撃相手には蚊みたいなもん。バーミヤンも刀を振り回してたみたいだけど、進撃サイズから見ると、ホリケンの「パラグライダー!」くらい無駄な動きにしか見えないの。

 

けど、原作では鬼を退治しちゃうんだよね。鬼が参った参った!とか言うんだよね。

 

あれかな? すかいらーくグループの権力をフルに「大和田ー!」と言わんばかりに土下座させたのかもしれない。

 

そうか、あれだ。進撃クラスの大きさだと思ってた鬼のサイズ、コブクロの大きい方だ。コブクロの大きい方サイズなら、いけるわ。あーそっちかー!

 

あれなら、工夫と人数次第でどうにかなるわ。

 

腑に落ちない点がありすぎるなーって思いながら桃太郎読んでたけど、全部一致した。で、クライマックス。バーミヤンは宝物を持って帰るんだけど、これです。これ。

 

 

えー!リヤカー最初から持ってたっけー?どこで拾ってきたのー?圧縮して持ってたのー?と、新たな疑問が生まれてきたところで・・・おっしまーい!

 

明日は真面目にブログ書こう。

ブログ初心者さん向け、無料ライティングExcelシート。

効果の上がるLPが、自分で書けるようになる!メルマガ配信

2つセットでプレゼント中です

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログの書き方・ブログ運営・ライティングに関する情報を更新しています。 お腹が減ると、ちょっと不機嫌になります!えへ!

シュフー知恵袋Wordpressテーマはsealです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シュフーブログの知恵袋 , 2018 All Rights Reserved.