ブログの書き方,文章術,主婦に役立つ情報を発信中

ブログオンラインコミュニティのご案内

笑いを止める11の方法★笑いを止められない人必見!

 
  2017/08/13
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログの書き方・ブログ運営・ライティングに関する情報を更新しています。 お腹が減ると、ちょっと不機嫌になります!えへ!

無題

こんな経験はないですか?

例えば、目の前で友達が派手にこけた時
みんなが大丈夫???

って本気で心配しているのに、こけた友人よりもそのこけ方がツボに入って

ゲラの人
あ゛ーーーーダメだ!

笑いが止まらん!

吉本新喜劇みたいなこけ方しやがってww

みたいなこと。

この記事を読もうと思ってくれた人。

または「笑い 止め方」なんていうキーワードでココにたどり着いた人は、きっと私と同じ分類の人間だと思います。
これ、仲の良い友達だったら

友達A
もーーー!わらわんといてよ!
謝る人
すまんすまん。
でOKなんだけどね。

問題は笑っちゃいけない時。

ここでは私のやらかしちゃったエピソードと、笑いを止めた方法についてご紹介します。

[ad#co-1]

お寺のお坊さんを茶化しながら大笑いした幼少期

私はとにかく楽しいことが大好きな子供でした。

そして、常に妄想と現実の狭間で生きていた気がします。

 

 

昔はその妄想と衝動を抑えきれない幼少期を過ごしてきました。

それは親戚一同が集まる法事。
お坊さんが来て、みんな静寂ムードの中。

 

当時やっていた味噌のCM。

 

「マルコメマルコメマルコメマルコメ♪」

 

が私の脳裏に降りてきました。

 

「あのお坊さん、めっちゃはげてて、まるこめやなー。コマーシャルみたいにマルコメマルコメ♪言いながらお坊さんの周り回ったら面白いやろうなー」

みたいなことを思い浮かべ、皆が静寂を保っている中、一人でクスクスヒーヒー言っていました。

お母さん、姉ちゃんからは睨まれていた気がします。(お父さんは私と性格が似ていたため、笑いに関しては結構寛大)

そして何を思ったか、まぁまぁ大きな声で「マルコメマルコメ♪坊さんマルコメ♪」

と歌いました。

場外へ追い出され、姉ちゃんからはニーキックされました。

場外へ出てからは、達成感と面白さで大爆笑していましたけど、法事中なので、声が響いたらしく、また怒られました。

怒れらても笑いが止まったことのない私でしたが、お坊さんに付いてきていた小坊主に

388015

「悪霊に憑りつかれるよ」

と真剣に言われ、一瞬で笑いが止まったのを覚えています。

と、いう訳で笑いが止まらない時は

「悪霊に憑りつかれるかもしれない」

という妄想をするようにしましょう。

牛乳ブッシャーした、小学校の給食

忘れもしない3年生の時ですね。

給食で牛乳飲んでいる時に笑かすという訳の分からない遊びが流行りました。

3年生にもなると女子はそんな男子の遊びに付き合わなくなるんですけど、愉快な事大好きな私は、もうワクワクが止まらない!

目の前に座っている男子が渾身のボケをかますんですね。

何度かむせたことはあったのですが、その中でたった一度、牛乳を結構な量吐き出して笑うという大惨事がありました。

吐き方としては、ふなっしーの「なし汁ブシャー」を想像して頂けると分かりやすいかと思います。

無題

まぁ先生には怒られるし、結構痛い目に合ったんですけど。

給食の班は2か月に1回しか変わらないので、そんなことがあったにも関わらず、目の前の男子は健気に毎日ボケをかましてくるんですよね。

で、また牛乳噴き出したら、次は絶対お母さんにバレルと思い、目の前の男子が笑わせにきたら私は

 

 

になるという技を身につけました。

正直な話、いつも白目で笑わせてくる。というボケに飽きてきたのもあったのですが。

と、いう訳で笑いが止まらない時は

「無になる」

これが一番です。

 

[ad#co-1]

部長が椅子に座りそこねてズッコケた時

私がまだ21歳の新人OLだったときの事。

昼食後の静かなオフィスで仕事をしていました。

頭の中は「眠たい」という文字でいっぱいだったと思います。

もしかしたら、パソコンに向かい、目を開けたまま脳は完全熟睡していたかもしれない。

 

そんな時、ガッシャーン!!ってものすごい音がしたんですよ。

 

脳が完全に眠っている私には、かなりの衝撃音!
見ると、部長58歳がズッコケてました。

椅子に座り損ねたみたい。
みんな「大丈夫ですか?!」

って駆け寄ってました。

男性社員なんか、吹っ飛んでいった椅子を元に戻していた気がするんですよね。

部長が吉本新喜劇みたいにズッコケたのにクスリとも笑わない人達。

 

私はこの人たちの感情は完全に死んでると思いました。

当の私はパソコンに隠れてヒーヒー言いながら、過呼吸寸前まで笑い、ぶっ倒れそうでした。

 

斜め横に座っていたほぼ同期の増田君からは冷ややかな目で見られ、

066239

※増田君はこんな目で見ていた気がする。

所長からは「部長に怒られるぞ!」

と注意を受けながらも、私の笑いはピークを迎え・・・

笑いを止めようと

Yahoo!検索画面で当時私が心の底から怯えていた「呪怨」の画像を検索してガン見する。

 

という方法を実践しました。

一瞬で笑いから恐怖のどん底に叩き落されました。

と、いう訳で笑いが止まらない時は

「自分の苦手な分野の画像をガン見する」

これも結構効果があります。

現在の笑いを止める方法

そんな私ですが、3人の子供を出産し、育てているお母さんです。

ですが、やっぱり笑うことに関してはかなりのレベルだと自覚しています。

 

 

それは長女が1歳の時。

やっと寝かしつけてゆっくりDVDでも見ようかと、録画していた「ドッキリ」系の番組を見たんですね。

ただ芸能人がズッコケただけなのに、ただバカな私は大爆笑です

238434

わたし
→こんな顔しながら笑っていたかもしれない
私のバカでかい笑い声にビックリした長女が大泣きで起きてくるということもありました。

 

最近ではバカでかい私の笑い声に家族もあきれている様子が手に取るように分かります。

しかもたちの悪いことに、私は思い出し笑いまでするという徹底ぶりなんですよね。

私も人の親ですから、さすがに笑っちゃいけないところで笑ってはいけないことくらいわかります。

なので、最近編み出した方法を一挙に公開します。
その前におさらい

笑いを止める為には

  1. 悪霊に憑りつかれるかもしれないなど、怖い事を考える
  2. 無になる
  3. 自分の苦手な画像を見る

これが、幼少期からOL時代までに習得した笑いを止める方法です。
そして以下が結婚してかれこれ10年の間に身に着けた笑いを止める技です

  • 息を止める
  • 髪の毛で隠す
  • マスクで隠す
  • 携帯で笑いながら話しているふりをする
  • 思いっきりほっぺたをひっぱたく。(変人扱いされるので注意が必要)
  • いつもニコニコしておく。そうすると急な思い出し笑い時でもただニコニコしているようにしか見えない。
  • 死んだふり
  • 周りを巻き込む

 

しかしどうにもこうにも治まらない時は、もう笑いましょう。

 

いいじゃないですか。

怒っている人よりかは数倍可愛げがあります。

笑いって止めようと思うからよけい笑っちゃうんですよ。

関西人なんて、ミスを笑われてもそれはおいしいと感じるだけで、怒る人は少ないです。

私は生まれた時から大阪に住んでますけど、執拗に笑い続けて怒られた人って言えば・・・

 

  • お寺の小坊主
  • 姉ちゃん
  • ばぁちゃん
  • 3年の担任の吉田先生
  • 部長
  • 長女(8歳)
  • 次女(5歳)

 

寺の小坊主と先生、部長以外は私の血縁者、配偶者なのがわかりますね。

血縁者や配偶者に怒られるのなんて屁でもありません。

 

笑いたい時はわらいましょう。

笑う事ってがん細胞を減らしたり、認知症を予防したりと良い効果もあるんですよ。
そして笑い転げても笑って許してくれるような人間関係を作ることも大切ですね。

あと、もう笑うことが大好きな人は関西に引っ越しましょう。

笑いにココまで寛大な地域は関西以外考えられません。

まとめ

いかがでしたか?

今日本当は違う記事を書く予定で準備までしてたんですけど。

雨で一日中家にいて、おもしろい動画を見ていたら笑いが止まらなくなっちゃったもんで^^;

ふと、私の笑いの止め方について記事にしてみようと思いたち、勢いで書いてみました。

笑ってはいけない時には紹介した方法を試して是非止めて頂きたいですけど、それ以外の時は腹筋崩壊するまで笑いましょう。

毎日が楽しくなりますよ!

最後までお読みいただきありがとうございました♪

[ad#co-1]

ブログ初心者さん向け、無料ライティングExcelシート。

効果の上がるLPが、自分で書けるようになる!メルマガ配信

2つセットでプレゼント中です

四コマ

ブログを始めたけど、上手くいかない現実に悩んでいるアナタの為の月額コミュニティーです^^

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログの書き方・ブログ運営・ライティングに関する情報を更新しています。 お腹が減ると、ちょっと不機嫌になります!えへ!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シュフーブログの知恵袋 , 2016 All Rights Reserved.